シックスワード株式会社

シックスワード株式会社

企業理念 事業内容 会社案内 ニュース お問い合わせ
 
トップページ > 事業内容
 
   事業内容 - activities -

 メールで学ぶ英語塾「六単塾」

世界の共通語「英語」をつかいこなせる真の国際人を創出する。
語学習得率の高さにおいて世界一を目指しています。

 
メールで学ぶ英語塾「六単塾」は日常英会話・TOEICを専門とする英語塾です。現代の日本人・社会人が英語をはやく習得し使いこなすまでの独自理論を武器にしたメールによる通信教育を行なっています。また六単塾は設立当時から以下の2つのミッションを掲げています。

 <ミッション1>

英語でもっと成功したい方、悩んでいる方、立ち止まっている方に、意志の伝わる英語力を最小限の努力で短期間に身につけていただくこと。

上記を実現する高品質なサービスを、クライアントが満足して利用するという前提において魅力的な価格で提供し、幸せで刺激ある人生に出会っていただくこと。

そして願わくば、その後も生涯のパートナーとして協調し合い、競い合い、高めあい、この世に生まれてきた証を共に歴史に刻むこと。

ミッション2>

高度な倫理観や職業意識をもって事業を推進しつづけ、納税および寄付という形を通じて社会に貢献しつづけること。

以上2つのミッションを掲げて今後も邁進することを六単塾はお約束します。

 

英語を楽しもう。ラクしよう。
英語を楽しもう!六単塾
六単塾公式ブログ
六単塾の「おすすめの英語表現紹介します」


 

 ネイルサロン 銀座エクラーラ

時間とライフスタイルを大切にしたい女性のためのネイルサロン。
リラクゼーションとともにエステ感覚で指先から美しくします。


現代社会における時間とライフスタイルを大切にしたい大人の女性を癒し美しくするミッションの元、ネイルサロン「銀座エクラーラ」を運営しています。

お客様層は大きくわけて5つです。「会社の社長(奥様)・お医者様のような、時間を大切にされておられる女性」「日々を忙しくされているサラリー・ウーマン」「低額サービスの手荒いサービスはご遠慮されたい方」「60歳以上の時間に余裕のある趣味多彩なマダム」そして「リラクゼーションを求めている現代女性」です。価格帯は高級ラインで、お客様に余裕を持って最高の技術と時間をお渡しすることを念頭に丁寧で落ち着いた接客サービスを心がけています。

お客様の施術時間は他のお客様の視線を意識をさせない施術環境を実現しました。ネイルバー形式(テーブル)といった形ではなく、落ち着いて施術を受けられるように半個室でリクライニングソファ形式での独自施術スペース。施術中に関わらず、店内には男性、18歳以下のお子様、施術を受けられない方の入店をあえて制限し、常にクローズ状態を保つことで、お客様の大切な時間を守る体制を貫いております。ネイルケア専門のネイルサロンとして、指先から女性の美しさを向上させていくことに全力を注いでまいります。

 

最高級のネイルケアと部分エステのネイルサロン
ネイルサロン 銀座エクラーラ 公式サイト
品川・大井町のネイルケア専門サロン
ネイルサロン 銀座エクラーラ デザインサイト
ネイルサロンのネイリストがネイルのお悩みに答えます
ネイルサロン 銀座エクラーラ公式ブログ


 

 寄付・協賛活動

国際的な日本人を創出する活動を応援します。
国際文化との交流で生まれるシナジーの可能性を我々は信じています。

 
日本は技術立国として世界の最先端に今もなお位置づけてきました。しかし一方で、島国であるがゆえに、世界情勢・文化面・そして世界の基本言語である「英語」においてまだまだ遅れ続けているのが現状です。
弊社はそのような現実を受け止め、日本における国際文化の交流を応援することにより、現状突破の1つとして解決しえるのではないかと考えております。またそれは弊社の理念と一致するものでもあります。

そして高度な倫理観や職業意識をもって事業を推進しつづけ、納税および寄付という形を通じて社会に貢献しつづけること。これもまた弊社のミッションです。

 


 

































 

 

 


英語を楽しもう!六単塾 総合サイト | 英語を楽しもう!六単塾【無料版】 | 六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」 | 六単塾Facebookページ | 六単塾ヘルプサイト | 6単語で英会話を身につける六単塾の戦略的学習講座 |

ネイルサロン エクラーラ公式サイト | ネイルサロン エクラーラ イメージサイト | ネイルサロンの知恵袋 | ネイルサロン エクラーラFacebookページ | 大井町ネイルサロンのアメブロ
プライバシーポリシー

copyright(c) by Sixword Co.,Ltd.(シックスワード株式会社) All Rights Reserved.